ワシントンDCに一人で行くならここに行こう!一人旅向けオススメ観光スポット集

ワシントンDC

この記事では、ワシントンDCに一人で行く場合のオススメ観光スポットをご紹介しています!  

アメリカ留学時代にワシントンDCを訪れた経験のある筆者が、一人旅にオススメしたいスポットをお伝えします!

筆者のプロフィールはこちら

随時、オススメ観光スポットの追加更新を行う予定ですのでお楽しみに〜!

注意
※現地の最新情報につきましては、旅の直前にチェックすることをオススメします!

 

アメリカ関連のまとめ記事はこちら

Photo by Greg Ortega on Unsplash Edit by Tomoki Takahashi

アメリカに1人で行くならこの都市で決まり!ひとり旅向け観光都市5選

2017年9月2日

ニューヨークに関する記事はこちら

ニューヨーク ブルックリン橋

ニューヨークに一人で行くならここに行こう!一人旅向けオススメ観光スポット集

2017年9月11日

 

ワシントンDCの一人旅向け観光スポット

アメリカ合衆国製版印刷局

アメリカ合衆国製版印刷局

 

アメリカ合衆国製版印刷局とは簡単にいうと「アメリカのお札を発行する場所」です!!!

そうなんです。みんな大好き「お札」です!

こちらの施設では、紙幣の発行・プリントする過程を無料の見学ツアーで見ることができます。

 

アメリカに2箇所しかない製版印刷局の1つがアメリカの首都ワシントンDCにあります。

(もう1箇所は、テキサス州のフォートワースという都市にあります。)

 

僕が訪れた2015年8月は、入場するために午前8時から配布される整理券が必要でした。

整理券が配布されるチケットブースは、見学ツアーの入り口である14thストリート側ではなく、反対側の「Raoul Wallenberg PI SW」(道路の名前です)に面した場所にあります。

 

見学ツアーが行われているのは、平日の午前9時から午後2時までです。

土日とアメリカの祝日はお休みなので注意が必要です。

 

また、造幣局のツアーの最後にはお札に関するお土産コーナーがあり非常に面白いです。ここでしか購入できないような裁断されていないお札のセットなど造幣局らしい珍しいお土産を購入することができます。

 

参考:アメリカ合衆国製版印刷局(英語)→「U.S. Bureau of Engraving and Printing」(見学ツアーの詳細ページです。)

 

アーリントン国立墓地

アーリントン国立墓地は、アメリカ合衆国の国立墓地です。過去の戦没者の慰霊施設として知られています。

それでは、広大なアーリントン国立墓地の見所をご紹介します。

 

ジョン・F・ケネディ大統領のお墓

テキサス州のダラスで暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領のお墓もあります。

ケネディ大統領のお墓

左側が、ケネディ大統領のお墓です。すぐそばには火が灯されています。

 

衛兵の交代セレモニー

衛兵交代セレモニー

「Tomb of the Unknowns」と呼ばれる「身元不明の戦没者が祀られている慰霊碑」の前で、衛兵の交代式が行われています。

観光客の人だかりができているので、近くに行けばすぐにわかります。

 

開園時間は、以下の通りです。

  • 午前8時から午後5時(10月から3月まで)
  • 午前8時から午後7時(4月から9月まで)

 

参考:アーリントン国立墓地(英語)→「Explore the Cemetery」(見所が紹介されています。)

 

ジョージタウン エクソシストの階段

映画「エクソシスト」に出てくる階段が、ワシントンDCの隣町ジョージタウンにあります。

エクソシストの階段

「いかにも」といった印象の階段。

僕は夜8時ごろに一人でこの階段を見にいきましたが、かなり怖かったです泣。

 

エクソシストの階段

上から見た階段。思っていたより急で長いです。

しかも階段の幅が狭くて、圧迫感がありました…。

 

映画好きの方はぜひ足を運んでみてははいかがでしょうか!

 

おまけ

ワシントン・モニュメントの展望台

ワシントン・モニュメント

ワシントンDCといえばこちらの細長いモニュメントですが、実はこのモニュメント中に入ることができます。

ただ、いつでも登れるというわけではなく、朝8時30分ごろから整理券の配布が行われるので、その整理券をもらわないと中に入れない仕組みになっています。

 

参考:ワシントン・モニュメント(英語)→「The Washington Monument

注意
ワシントン・モニュメントですが、2017年9月現在、エレベーターの整備の整備のためクローズしているとのこと。再オープンは2019年の春ごろを予定しているそうです。

ワシントンDCに行かれる際は最新情報をチェックされることをオススメします。

 

まとめ

アメリカの首都「ワシントンDC」いかがでしたか?

国の重要施設や巨大なモニュメントが密集しており、他のアメリカの都市とは一味違った経験をすることができることがワシントンDCの魅力です!

 

観光スポットに関しては随時追加して行く予定ですので、お楽しみに!

ファーストアクション

  • 興味のあるスポットを自分で調べてみる
  • 余裕のある方は英語でも調べて見てください

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。