【タイ移住記】バンコクで4ヶ月間生活して気づいたこと・変化したこと

Photo by Mathew Schwartz on Unsplash Edit by Tomoki Takahashi

どうも、こんにちは!高橋トモキ@tomotakafa)です!

 

タイのバンコクに移り住んで4ヶ月が経過しました!

そこで今回の記事では、タイのバンコクで4ヶ月間生活して気づいたこと・変化したことをご紹介したいと思います。

 

前月のタイ移住記はこちら!

Photo and edit by Tomoki Takahashi

【タイ移住記】バンコクで1ヶ月間生活して気になったこと・変化したこと

2018年8月15日

 

タイへの移住を考えている方の参考になれば、幸いです!

それでは、早速ご紹介していきます!

 

バンコクで4ヶ月間生活して気づいたこと・変化したこと

①タイの悪いところが目につくようになる

タイに住み始めて4ヶ月が経過すると、タイの悪い部分が少なからず見えてくるようになります。

例えば、

  • 騒音
  • 衛生面
  • テキトーなところ

などなど、正直「この部分はいただけないなぁ」と感じるところが割とハッキリ見えてくるようになります。

 

最近だと、道路の騒音がけっこう気になりますね。

 

海外で長期滞在していると、少なからず悪い部分が見えてくるのはしょうがないことだと思いますので、割り切ってしまうのが大事かなと思います。

(余談ですが、アメリカに長期留学をしていた時も4〜5ヶ月目くらいにアメリカの悪いところが目につくようになりました。)

 

バンコク旅行記

タイに来てから、毎月どこかしら新しい場所に行っているので簡単ではありますがここ1ヶ月で訪れたバンコク近郊のスポットをご紹介したいと思います

ワットパクナム

ワットパクナム

インスタ映えで有名な「ワットパクナム」についに行ってきました!

率直な感想は「世界観がスゴイ」

実際に足を運ぶことで、話題になっている理由が少なからず理解できた気がします。

 

▼ワットパクナムの地図はこちら▼

 

チャンチュイ・クリエイティブパーク

チャンチュイ・クリエイティブパークはその名の通り、クリエイティブな展示物を見ることのできるマーケットです。

2017年にできたばかりのマーケットのため、中は非常にキレイでした!

こちらが「チャンチュイ」の入り口

タイのマーケットでよくある「ガヤガヤ感」はなく、アートな雰囲気があり非常に洗練されている印象を受けました。

見どころは何と言ってもこちらのバカでかい飛行機!

 

もちろんアートが満載です。

 

5メートルくらいの高さがある謎のオブジェ

ガイコツにプロジェクションマッピング

パーク内には象もいましたよ(もちろんこちらもアート作品ですw)

 

アーティスティックなバンコクの雰囲気を味わいたい方は訪れてみてはいかがでしょうか!

▼チャンチュイの地図はこちら▼

 

アイコンサイアム

アイコンサイアム

オープンしたばかりの「アイコンサイアム」

日本の高島屋も入っていて、タイのデパートというよりは日本のデパートを強く意識しているような雰囲気を感じました。

1階には、タイの水上マーケットをモチーフにしたエリアがあり、目新しさを感じられるデパートでした。

 

ちなみに余談ですが、一見すると完成しているように見える「アイコンサイアム」ですが、実際のところ完成具合は8割強と言ったところ。

工事中のところがあったり、ハリボテの箇所があったりとここら辺は日本のデパートと違い割とゆるいようです。

(個人的には、オープンしながら完成を目指していくスタイル、嫌いじゃないです笑)

 

▼アイコンサイアムの地図はこちら▼

 

まとめ

今回は、「タイのバンコクで4ヶ月間生活して気づいたこと・変化したこと」をご紹介しました。

今後も継続して記事にまとめて行く予定なので、お楽しみに〜!

 

タイ・バンコクに関する現地のリアルな情報は、僕のツイッター(@tomotakafa)で発信していますので、こちらもぜひご覧ください!

それでは、また!

 

タイ移住記(1ヶ月〜3ヶ月目)はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。