【タイ移住記】バンコクで2ヶ月間生活して気になったこと・変化したこと

Edited by Tomoki Takahashi

どうも、こんにちは!高橋トモキ@tomotakafa)です!

 

タイのバンコクに移り住んで2ヶ月が経過しました!

そこで今回の記事では、タイのバンコクで2ヶ月間生活して気になったこと・変化したことをご紹介したいと思います。

 

1ヶ月目のタイ移住記はこちら!

Photo and edit by Tomoki Takahashi

【タイ移住記】バンコクで1ヶ月間生活して気になったこと・変化したこと

2018年8月15日

 

タイへの移住を考えている方の参考になれば、幸いです!

 

バンコクで2ヶ月間生活して気づいたこと

1. タイ人の特徴がわかってくる!

約2ヶ月間バンコクで生活していると、段々とタイ人の特徴や国民性が見えてきます。

特に僕の場合、住んでいる場所がほぼタイ人しか住んでいない場所なので、彼らの特徴を目にする機会が非常に多いです。

 

とりあえず、これまでに気づいたタイ人の特徴をまとめておきますね。

 

タイ人の特徴

  • シェアするの大好き(特に食べ物)
  • 基本何が起こっても焦らない
  • 歩くのが遅い
  • 外国人に慣れている

 

他には…

 

つくづく感じるのは、日本人の国民性とはけっこう違うということ。

日々の生活を送っている中で、2ヶ月経った今でも新しい発見が多いです。

 

2. まだまだ毎日が海外旅行気分

前回のタイ移住記でも書きましたが、2ヶ月経過しても海外旅行気分は全然抜けていません(僕だけでしょうか笑)。

世界中の観光客が集まるスクンビットエリアやサイアムエリアに行くと、今でも自分が海外旅行にきているような錯覚に陥ります。

 

僕自身非常に周りの環境に影響されやすいので、世界各国からの観光客が多いというだけで勝手に海外旅行気分にひたっているのかもしれません(笑)。

 

通勤するにしろ、休みの日にどこかへ出かけるにしろ、1歩自分の家から外に出れば、海外旅行気分になれます!

まだまだ、初めて見るものが多いですし、日々刺激を受けながら生活しています。

 

▼バンコクは観光に大変オススメな都市です!

 

また余談になりますが、今月もバンコクからタイ北部の都市「チェンマイ」へ出かけました。

今回は電車やバスではなく、飛行機で行きました。

LCCが安いのも、タイの魅力なので国内旅行も気軽に行くことができます。

今回は、2日前に航空券を予約したのにもかかわらず、なんと7,000円ちょっとで「バンコク-チェンマイ」の航空券を購入する事ができました!(航空会社はタイライオンエア)

 

今月の旅先:チェンマイ

 

タイ北部の都市『チェンマイ』

バンコクやプーケットに次いで、タイの有名な観光都市です。

 

バンコクのドンムアン空港から飛行機で約1時間30分ほどで行く事ができます。

 

実際に訪れて感じたチェンマイの特徴は、何と言っても「寺院の多さ」

50m間隔ぐらいで、いたるところにお寺があるんですよ!

 

こんな寺院や

 

こんな寺院

 

こんな門構えの寺院など、道を歩いているとすぐにお寺を見つける事ができます。

 

歴史を感じさせる建造物もたくさんあります。

 

また、チェンマイにあるのはお寺だけではありません。

こんなインスタ映えするようなカフェもありますよ。

カフェもカフェでお寺と同じくらいの数がありました。

 

こんな感じでおしゃれなコーヒーを飲めます

こんな感じでおしゃれなコーヒーを飲む事ができます。

 

内装が凝りすぎてビビるレベル

内装が凝りすぎてビビるレベル(汗)

インスタ映えするカフェが山ほどありました。

 

バンコクのような派手さはないものの、寺院やおしゃれなカフェなど、落ち着いた雰囲気を感じられるのがチェンマイのいいところ。

詳細は別の記事でまとめたいと思いますのでお楽しみに!

 

バンコクで2ヶ月間生活して変化したこと

タイ生活・仕事に慣れてくる

2ヶ月すると、タイならではの生活に慣れてくるのはもちろんですが、仕事にも少しずつ余裕が出てきました。

 

僕は、現在日系のコールセンターで働いているのですが、正直2ヶ月経つまでは新しいことを覚えたり、職場環境や業務に慣れるのに精一杯でした。

余談にはなりますが、こんなタイミングでさらに追い討ちをかけるように熱中症になりました…(汗)。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Photo by rawpixel on Unsplash Edit by Tomoki Takahashi

タイで熱中症・脱水症になった経験者が語る実際に起こった症状と対策

2018年8月20日

 

もうあの時は、満身創痍。

身体的にも、精神的にもけっこうしんどい期間でしたね〜。

 

ただ、人間不思議なもので、一定の期間を越えると慣れてきます。環境に適応する能力と言いますか、とにかく以前「しんどいなあ」と感じていたことでも、「あれ、自分意外とできるじゃん」と思えるタイミングがくるんですよね。

 

僕の場合、そのボーダーとなる期間が2ヶ月でした。

今では、タイで生活するためのノウハウや押さえておくべきポイントなどがある程度明確になってきました。

  • 休日のリフレッシュ法
  • 何を食べたらお腹を壊すのか
  • 体調の悪い時に飲むべき薬

などなど、

2ヶ月が経過して、やっとタイで暮らして行くためのベースとなる知識が固まってきました。

 

まとめ

今回は、「タイのバンコクで2ヶ月間生活して気になったこと・変化したこと」をご紹介しました。

今後も継続して記事にまとめて行く予定なので、お楽しみに〜!

 

タイ・バンコクに関する現地のリアルな情報は、僕のツイッター(@tomotakafa)で発信していますので、こちらもぜひご覧ください!

それでは、また!

 

タイ移住記(1ヶ月目)はこちらから!

Photo and edit by Tomoki Takahashi

【タイ移住記】バンコクで1ヶ月間生活して気になったこと・変化したこと

2018年8月15日

【タイ移住記】バンコクで1ヶ月間生活して気になったこと・変化したこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。