最終的にはなんとかなる!うまくいく人だけが持っている考え方と行動パターン

Photo by ian dooley on Unsplash

どうも、こんにちは!高橋トモキです!

 

いきなりですが、質問です。

  • うまくいっている人
  • 成功している人

あなたの周りにはいますでしょうか?

 

何をするにしても、結果を残し、最終的にうまくいっている。

不安を抱えていてもおかしくない状況なのに、いつも楽しそうに生活している。

 

このような人たちがどうして、うまくいき成功しているのか。

その理由について、今回はご紹介していきたいと思います!

 

「なんとかなる」という考え

まずは、結論からご紹介します。

うまくいっている人や成功を収めている人の多くは、心の中に「なんとかなる」という考えを持っています。

 

この「なんとかなる」「最終的にどうにかなる」という考え方が、うまくいくための大きなカギになります。

それでは、どうして「なんとかなる」と考えられる人は、どうして失敗することが少なく、うまくいくのか。

その理由について見ていきましょう。

 

「なんとかなる」と思っている人がうまくいく理由

「なんとかなる」と思っている人が成功する理由。

それは、彼らが日ごろ何気なく行っている「行動パターン」にあります。

 

「なんとかなる」と思っている人には行動パターンがあり、その行動パターンこそが「うまくいくための好循環」を生み出しています。

 

うまくいく人の行動パターン

それでは、最終的にうまくいく人の「行動パターン」を見ていきましょう。

パターンは、大きく6つに分けられます。

うまくいく人の行動パターン

1.「なんとかなる」と思う

2. ポジティブな言動をする

3. 人を惹きつける

4. 困った時に助けてくれる人が現れる

5. 助けてくれる人がいるとわかっているから、安心して行動できる

6. 自信がついて、さらに「なんとかなる」と思える

※以下、1〜6の繰り返し。

ざっくりではありますが、うまくいく人の行動パターンはこのような形で流れています。

それでは、それぞれのパターンについて詳しく見ていきましょう!

 

1. 「なんとかなる」と思う

最終的にうまくいっている人は、「なんとかなる」という考えを持っています。

誰がなんと言おうと、まずは自己暗示をかけ、あらゆる物事をプラスの状況に持っていくための準備を頭の中で行います。

 

2. ポジティブな言動をする

頭の中の整理ができたら、次は行動を起こします。

頭の中で考えるだけでなく、周囲に向けて何らかの発信をするのが、うまくいっている人の大きな特徴です。

 

さらに、ただ自分の思っていることを好き勝手に言うのではなく、ポジティブな影響を与える言動を行うことを心がけています。

  • 本人にとってポジティブな言動
  • 周りの人にプラスの影響を与えるポジティブな言動

このように、うまくいっている人はポジティブな影響を与える言動を積極的に行っています。

 

関連記事

行動できる人はこう考えている!行動力のある人の特徴まとめ

 

3. 人を惹きつける

ポジティブな言動をすることによって、周囲の注目を集め、注目が集まります。

注目が集まる理由は、先ほどご紹介した通り、「周りの人にプラスの影響を与えるポジティブな言動」を行っているから。

 

周りの人もメリットを感じるため、うまくいっている人に対してプラスの印象を持ちます。

 

4. 困った時に助けてくれる人が現れる

興味を持ってくれたが集まると、その中に非常に好意的に接してきてくれる人たちが現れます。

いわゆるサポーターやファンに近い存在です。

 

うまくいっている人の周りには、連絡を密に取ることのできる仲間や緊急時に助けてくれる存在がいるのはこのためです。

 

5. 助けてくれる人がいるとわかっているから、安心して行動できる

いざという時に助けてくれる存在がいることで、心の中に大きな支えができます。

目には見えませんが、自分の行動を加速させるための「保険」があることで、大きなアクションを起こすことができるようになります。

 

6. 自信がついて、さらに「なんとかなる」と思える

心の支えがあり、かつ実現したいと思っている目標に向かって大きなアクションを起こすことができると、成功をおさめられる確率が必然的に高くなります。

 

また、実際に自分の行動が、成功に結びつくと「自信」につながります。

「自信」を持てるようになると、自然と心の中に余裕ができるようになります。

この「心の余裕」こそが、次にアクションを起こす時の大きな原動力となります。

 

うまくいく人が、再び何か新しいことにチャレンジする場合に「なんとかなる」と思える理由はこのためです。

 

《おまけ》結果を残すこと自体は、あくまで好循環の一部

うまくいく人が、結果を残すのはあくまで好循環の中の一部に過ぎません。

「うまくいった」「成功した」という結果のみを取り上げて一喜一憂することが、少ないのもうまくいっている人の大きな特徴かもしれません。

 

《まとめ》うまくいく人には特徴的な「考え方」と「行動パターン」がある

うまくいく人には、2つの大きな特徴があります。

うまくいく人の2つの特徴

  • 最終的に「なんとかなる」という考え方を持っている。
  • 好循環を作り出す行動パターンがある。

 

非常に重要なことなので、もう一度お伝えさせてください!

うまくいく人は「好循環=行動パターン」を常に作り出しています。

うまくいく人の行動パターン

1.「なんとかなる」と思う

2. ポジティブな言動をする

3. 人を惹きつける

4. 困った時に助けてくれる人が現れる

5. 助けてくれる人がいるとわかっているから、安心して行動できる

6. 自信がついて、さらに「なんとかなる」と思える

※以下、1〜6の繰り返し。

このようにうまくいく人・成功している人は、好循環の中に身を置いて生活しています。

もし仮に問題に直面したとしても、それまでにの言動が、なんらかの解決策を導き出してくれます。

 

個人的な考えとして、うまくいく人の行動パターンの中にもありますが、「なんとかなる」「どうにかなる」と考えられる人ほど強い存在はいないと思います。

 

考え方を身につけるだけであれば、お金もかかりませんし、必要な道具もありません。

大事なことは、実際にチャレンジしてみようという取り組みです。

 

ほとんどの人が、「やりたい」「やろう」と思っても、実際に一歩を踏み出すことは少ないです。

自分の実現したいことや成し遂げたいことに向かって「最初の一歩」を踏み出した時こそが、「うまくいくための好循環」の中に入れるタイミングといっても過言ではないでしょう!

 

ファーストアクション

  • うまくいく人の「考え方」と「行動パターン」を理解し、自分の行動にも当てはめてみる!

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。