自分の身は自分で守れ!海外旅行中にやらない方がいいこと4選


どうも、こんにちは!高橋トモキです!

 

この記事では、海外旅行中にやらない方がいいことを4つご紹介しています。 

 

海外旅行中にやらない方がいいこと

赤信号

Photo by Alex Jodoin on Unsplash

1、携帯、財布をテーブル等の上に置く

カフェやレストランで休憩したり、どこかに座って休む時、携帯や財布などの貴重品をどこかに置いてしまう習慣のある人!

海外旅行に行く場合は、注意が必要です!!!

「短時間だから、大丈夫!」と思っていても、日本の国外、つまり未知の世界に出たら、本当に何が起こるかわかりません。

 

置き引き等のリスクに備えるためにも、無くしてはいけないような貴重品の管理には細心の注意を払うことをオススメします!

 

2、電車やバスの中で寝る

普段から電車やバスで通勤通学されている方であれば、心当たりのある方は多いのではないでしょうか。

治安のいい日本であれば、電車やバスの中でも居眠りをすることはできてしまいますが、海外旅行中にはオススメしません。

 

海外の電車やバスの中で居眠りすることのリスク

  • 物を盗られる
  • 襲われる
  • どこに行くかわからない

海外の公共交通機関にはリスクが満載です。

 

リスクを減らすためにも、宿泊先以外の安全を確保できていない場所で居眠りをすることは、控えた方が無難です!

 

3、ヘッドホン・イヤホンをつけながら歩く

移動中にイヤホンやヘッドホンをつけて音楽を聴いたり、動画を見たりすることも海外旅行をする上では、あまりオススメできません。

イヤホン・ヘッドホンをつけている時にスリやひったくりの被害にあったり、車や自転車などにぶつかるケースも考えられます。

 

未知の世界で、自分の五感を自分で封じ込めるのはある意味危険です。

 

場所を選ばずに聞区ことのできる音楽等の代わりに、普段見られないような景色や町並みを見るために注力することをオススメします!

 

4、声を荒げて、怒鳴り散らす

海外旅行に行くと、何かしらのトラブルが起こります。

日本では絶対に起こらないようなことが、海外では普通に起こります。

ですので、イライラしたり、頭にきたりすることも少なからずあるかと思います。

 

ただ、ここが大事な勝負どころです。

 

声を荒げたり、怒鳴ることで悪目立ちし、事の運びが悪くなるか、冷静に対処して最小限のダメージで解決するか。

ここが大きな分かれ目だと思います。

 

注意点として、一方的に相手の主張を受け入れる、と言っているわけではありません。

言う時は言う。受け入れる時は受け入れる。

ただし「どちらの場合も冷静に対処する」という意味です。

 

まとめると、重要なポイントは「イライラしている時こそ冷静に対処する」です!

 

まとめ

今回は、「海外旅行中にやらない方がいいこと」を4つご紹介しました!

 

日本で当たり前に行なっていることに対して疑問を持てるようになると、海外旅行時のリスクを減らすことが可能になります。

 

もちろんケースバイケースではありますが、今回ご紹介したことを頭の片隅に置くことで、いざという時に役立つはずです!

 

ファーストアクション

  • 海外は日本と環境が異なることを再認識!
  • 日本でやりがちなことを疑ってみる。

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。