【サクッと読めます!】「過去」にとらわれず「未来」を見据えて「今」を楽しめ!

目覚まし時計

どうも、こんにちは!高橋トモキです!

 

今回のテーマは、日常生活で広く応用できることについて取り上げたいと思います。

なかなか目では見えない内面的な問題なので、あなた自身の経験や考え方と照らし合わせながら、読み進めていただけると幸いです。

 

それでは、「過去」にとらわれず「未来」を見据えて「今」を楽しむ考え方についてご紹介したいと思います!

 

「過去」にとらわれず「未来」を見据えて「今」を楽しめ!

Be Happy?

1、過去にとらわれるとどうなる?

まずはじめに、過去にとらわれることで致命的なデメリットが1つ生まれます。

どんなデメリットかというと「あなたの貴重な時間が無駄になってしまう」というデメリットです。

 

「過去」は変えることはできませんが、「今」もしくは「未来」であれば変えることが可能です。

 

「不変の事実を考えるために、可変な時間を活用すること」

これは個人的には、もったいないことであると思います。

 

もちろん、過去から振り返り学ぶこと自体を否定している訳ではありません。

しかし、必要以上に過去を省みて意識が過去に向き続けていることは、建設的な時間の活用とは言い難いはず。

 

もしあなたの頭の中に、過去に起こった嫌なことや悪いことが残っているのであれば、時間を決めて振り返りましょう。

そして、1時間なら1時間、半日なら半日、設定した時間を守り、過去のことについて振り返ることはストップしてしましょう!

 

2、未来を見据えて、今を楽しむとは?

それでは「未来を見据えて、今を楽しむ」とはどういうことなのでしょうか?

 

将来像や未来を考えること自体に、お金はかかりませんし、何のリスクもありません。

最大のリスクは、「有限な時間を無駄にしてしまうこと」だと個人的には考えています。

 

そうして考えた「未来」の理想像を達成するために、「今」何をすればいいのか、将来像から逆算することができます。

例えば、半年後に5日間の海外旅行に行きたい!と思ったのであれば、

「今」すべきことは、

  • 行き先を絞り込む
  • パスポート・ビザを申請する
  • 費用を概算する
  • 航空券を調べる
  • 休みを計画的に確保する

など半年前にすべき最初の行動が明確になります。

 

この時に注意していただきたいのが、「今の状況に合わせて未来の理想像を変えるのではなく、一番先に理想像を決めてしまう!」ということです。

こうすることで、本来やるべきことに対してより多くのエネルギーを注ぐことが可能になります。

 

どうすれば、自分の実現したい理想的な未来に近づくことができるのかまず第一に考え、思い描く。

そして、次に行うべきことは「今」を楽しむ!!!

ただそれだけです!

 

雑念を取りはらい、余計なことは考えず、純粋に「今」を楽しんでください!

 

まとめ

この記事では、「過去」にとらわれず「未来」を見据えて「今」を楽しめ!をテーマに日々の生活で使える重要な考え方をお伝えしました。

 

今回この記事の中でご紹介した考え方を、自分流にアレンジして取り入れていただけると幸いです。

ぜひ「今」起こっていることに対して、最大限のエネルギーを使えるような環境づくりを始めてみてくださいね!

 

ファーストアクション

  • 「過去」を振り返ることを一旦ストップ
  • 「未来」の自分の姿をイメージ
  • 自分の未来像を実現するためにまずは「今」を楽しむ!

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。