【インドネシア】ジャカルタ旅行の感想まとめ!おすすめ観光スポットもご紹介!

indonesia

どうも、こんにちは!高橋トモキ@tomotakafa)です!

今回ご紹介するのはビジネスの街として有名なインドネシアの首都「ジャカルタ」

ジャカルタといえば、

  • 多くの外資系企業が進出しているビジネスの街
  • 発展著しいインドネシアの首都
  • 観光地のイメージはあまりない?

このようなイメージがある国ではないでしょうか。

今回の記事では、実際にジャカルタを訪れて感じたことを写真付きでまとめていきたいと思います!

実際に現地を訪れなければ気づかなかったことを中心にまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事では、2019年2月時点のジャカルタで、筆者が感じたことをまとめています。 

旅の概要

旅の概要

Photo by Dariusz Sankowski on Unsplash

簡単ですが、以下に旅の概要をまとめました。

参考までに!

  • 時期:2019年2月
  • 期間:4泊5日(観光したのは4日間)
  • 旅行先:ジャカルタ
  • 人数:1人
  • 旅のルート:バンコク→ジャカルタ→バンコク
  • 利用した航空会社:タイライオンエア、エアアジア

▼ジャカルタの地図はこちら▼

注意
これからご紹介するのは、2019年2月時点の感想です。

これから旅行に行かれる際には、必ず最新情報のチェックをお願いします。

それでは、早速ジャカルタ旅行の感想をご紹介していきたいと思います!

ジャカルタ旅行の感想まとめ

今回の訪れた「ジャカルタ」は東南アジアの発展途上国インドネシアの首都として知られていますよね。

一体どんな特徴がある都市だったのか?

僕自身が実際に足を運んで感じたことをご紹介していきたいと思います。

インドネシア料理がおいしい!

ふらっと立ち寄ったレストランで食べたインドネシア料理が、なかなか美味しいんですよ!

これは意外とくせになりそうです。

格差はかなりありそう…。

そんな「ジャカルタ」ですが、明るい面だけではありません。

現地を歩き回って初めて気づけたことの1つに「格差」があります。

これは、「経済的な格差」に限らず、モラルやマナーなどについても同様に言えると思います。

観光地はそれほど多くはない!

旅行に行っといて何を言ってるんだ。という感じですが、ぶっちゃけるとジャカルタは観光地がそれほど多くなかったです。

やはり、イメージ通り「ビジネス街」「人々が暮らす街」という側面が強く、観光をする際の難易度は他の国と比べると比較的高めです…汗。

が、ご安心ください!

観光地が全くないというわけではないので、僕がジャカルタにいた時に訪れたオススメの観光スポットをご紹介していきたいと思います!

要所さえ押さえてしまえば、観光スポットが少なくても楽しめますよ〜。

主要な観光スポット

それでは、早速ジャカルタを訪れる際に押さえておきたいオススメの観光スポットをご紹介していきます!

①ファタヒラ広場


ジャカルタの観光スポットといえば、そう『ファタヒラ広場』

オランダ統治時代の名残が残っているエリア「コタ地区」に位置しており、ヨーロッパ風の建築物が立ち並んでいます。

広場の隣には『ジャカルタ歴史博物館』もあり、ジャカルタの歴史をサクッと見て回ることができます!

またカフェなどもあり、休憩したい場合にも落ち着いて休むことができます。


▼ファタヒラ広場の地図▼

②モナス

お次にご紹介するのは、ジャカルタの中心部に位置する『モナス』です!

広大な公園の中心に巨大なモニュメントがあります。

(お金を払えば塔の上にも登れるそう。)

『モナス』とは「Monumen Nasional」の略語だそうです。

全高は137メートルなので遠くから見ても結構目立ちます!

▼モナスの地図はこちら▼

③タマン・ミニ・インドネシア

時間のある方にぜひ訪れていただきたい観光スポットが『タマン・ミニ・インドネシア』

数多くの島で構成されている多民族国家インドネシア。

そんなインドネシア各州の文化や伝統を一気に体感することができる観光スポットです。

▼タマン・ミニ・インドネシアの地図はこちら▼

グランド・インドネシア

インドネシアといえば、そう「ショッピングモール」

至るところにショッピングモールがあり、売られている商品もさまざまです。

その中でも、ジャカルタの中心部に位置するションピングモールが『グランド・インドネシア』です!

外での観光に疲れたときなど休憩しながら、見て回ることができるのでオススメです。

▼グランド・インドネシアの地図▼

ジャカルタ旅行の注意点

ジャカルタを実際に訪れて感じた注意点がいくつかありましたので、以下でまとめてみました。

注意点①日中は非常に暑いので熱中症対策を!

クアラルンプールもマラッカも東南アジアの都市なので外は非常に蒸し暑いです。

また、日差しも強く日焼け止めやサングラスがあれば利用することをオススメします。

こまめに水分をとったり、涼しいところで休憩したり、熱中症にならないための工夫が必要です。

余談になりますが、実際に僕自身、2018年に滞在中のタイで熱中症になりました。

「自分はならないだろう」と思っていても、油断は禁物です。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!▼

Photo by rawpixel on Unsplash Edit by Tomoki Takahashi

タイで熱中症・脱水症になった経験者が語る実際に起こった症状と対策

2018年8月20日

タイで熱中症・脱水症になった経験者が語る実際に起こった症状と対策

注意点②イスラム教国家なので現地の習慣には配慮しよう!


インドネシアはイスラム教国家です。

国民の9割近くがイスラム教徒と言われており、街中を歩いているとモスクやスカーフを巻いている女性を見かけます。

多民族国家なので、外国人やそのほかの宗教に対して寛容な印象は受けましたが、もちろん必要最低限の配慮は必要です。

服装やマナーに関しては、掲示などで見ることができますので、忘れずにチェックしてくださいね。

ジャカルタ旅行に行くなら「ジャカルタ飯」をチェック!

まとめ

今回の記事では、インドネシアの「ジャカルタ」を訪れて、個人的に感じたこと&オススメの観光スポットをまとめてみました。

  • 絶賛発展中のインドネシアの雰囲気を肌で感じたい方
  • 現地でおいしいインドネシア料理を食べてみたい方

こんな方はジャカルタをぜひ訪れてみてください!

今回も収穫の多い旅でした!!!


興味のある方はぜひ訪れてみてくださいね〜。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。