【サクッと読めます!】一人で行動することによって得られる2つのこと

山頂に腰掛ける男性

どうも、こんにちは!高橋トモキです!

 

この記事を読んでいるあなたは「一人で行動すること」についてどう思いますか?

いいイメージがありますか?それとも、悪い印象の方が強いでしょうか?

「一人で行動すること」に関しては、人それぞれ色々な考え方を持っているはずです。

 

今回の記事では、僕の個人的な経験や考えも含めて「一人で行動することによって得られる2つのこと」についてご紹介します。

数ある考え方のひとつとして、読んでいただけるとありがたいです!

 

一人で行動することによって得られること

父と子 夕暮れ時の散歩

1、自分に自信がつく

このブログのコンセプトにも繋がってきますが、自分からアクションを起こすことによって、自分に自信がつきます。なぜなら、一人で行った行動は、スタートから終わりまで、あなたの決断で行われているという事実があるからです。

(当ブログのコンセプトはこちら!)

 

あとは、個人個人の意識の問題です。

「自ら決断してきたことを素直に受け入れることができるか」「素直に自分の自信に繋げることができるか」という点さえ意識することができれば、自ら行ってきたことに対して自信が持てるようになります。

 

2、自分を取り巻く人々に感謝できる

「自分を取り巻く人々」は大きく分けて2つのタイプがあります。

  • 家族や友人など身近な人
  • 一人で行動していて出会った人々

家族や友人など身近な人

一人で長時間行動していると、非常に高い確率で「なんか寂しい…。」と感じる時がやってきます。

 

当たり前かもしれませんが、一人での行動に「孤独感」はつきものです。

しかし、「孤独感」を感じるということは同時に、自分の周りに人がいることへのありがたみを感じているとも考えられるはずです。

家族や友達、仲のいい知り合いなど自分の近くにいる人と離れることで、はじめて自分を取り巻く人たちの重要性を理解することができます。

人間どうしても「孤独」「一人」というネガティブな概念にとらわれがちですが、裏を返せば「普段の人に囲まれた環境」を顧みて感謝することのできる絶好のタイミングだと思います。

 

一人で行動していて出会った人々

たとえ一人で行動していたとしても、自分のやりたいことに協力してくれる親切な人や助けの手を差し伸べてくれる人は数多くいます。

一人で動くからこそ、親切に手を差し伸べてくれた人たちのことは日常生活以上に記憶に残ります。

あなた自身が起こしたアクションに力を貸してくれる人たちに対しても、感謝の気持ちを持てる時が、いずれやってきます。

 

まとめ

今回は「一人で行動することによって得られること」について簡単にまとめてみました。

 

「一人で行動すること」と言っても、「一人行動」「単独行動」「個人行動」など言葉で表すと様々に言い換えることができてしまいます。それぞれの言葉の響き、ニュアンスはそれぞれ微妙に異なりますよね。

そうであるならば、結局のところ自分自身がどうとらえるかによって意味が変わってくると思います。

僕は割と楽観的なタイプなので、「一人で行動すること」=「自分の力を高めること」であると考えています。

 

ぜひ一度、あなたが起こす行動によって何を得られるのか、考えてみてはいかがでしょうか?

 

ファーストアクション

  • 自分ひとりで行動することによって何を得られるのかを考えてみる

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。