初めてのラスベガスでも大丈夫!経験者が教えるラスベガスの楽しみ方まとめ

Photo by Ken Yam on Unsplash Edit by Tomoki Takahashi

どうも、こんにちは!ラスベガスを愛してやまない24歳、高橋トモキです!

 

誰もが一度は憧れるエンターテイメントの街「ラスベガス」

皆さんは、どんなイメージをお持ちでしょうか?

 

一般的に「カジノ」のイメージが強いラスベガスですが、実はラスベガスの本当の魅力は他にもたくさんあります!

そこで、この記事では、1年間のアメリカ留学時代に4回ラスベガスを訪れたラスベガス好きの筆者が、ラスベガスを訪れたらやるべきことをまとめてみました!

 

ぜひ、ラスベガスの旅行プランを考えるときの参考にしてみてください。

 

初めてのラスベガスでやるべきこと

1. 初心者はまずコレをすべし!「ホテル巡り」

Photo by Daniil Vnoutchkov on Unsplash

Photo by Daniil Vnoutchkov on Unsplash

初心者オススメ度:★★★★★

コスパ度★★★★★

見た目のインパクト★★★★★

 

ラスベガスは、豪華なホテルが立ち並んでいることで有名です。

「ストリップ」と呼ばれるラスベガスの目抜き通りには、ラスベガスの代表的なホテルが数多く立ち並んでいます。

これらの有名ホテルは基本的に、ホテル内に

  • カジノ
  • ビュッフェ・レストラン・バー
  • ナイトクラブ
  • ショーが行われるコンサートホール
  • ショッピングのできるお店

などが併設されている複合型のリゾート施設です。

 

ホテルそれぞれにコンセプトがあり、外観・内装ともに見ていてぜんぜん飽きません。

またそれぞれのホテルとホテルはそれほど離れていないため、歩いて移動することができ大変便利です。

 

ラスベガスのエンターテイメントは「ホテル巡り」から始まると言っても過言ではありません。

ラスベガスに到着したら、まずはストリップ沿いの有名ホテルへ向かいましょう!

 

2. ラスベガスと言えばコレ!「カジノ」

Photo by steve sawusch on Unsplash

Photo by steve sawusch on Unsplash

初心者オススメ度:★★★☆☆

コスパ度:????? (あなた次第!)

スリル度★★★★★

ラスベガスと言ったら、そう!カジノですよね!

せっかくラスベガスへ行くのなら、一度はカジノを満喫してみたいもの。

 

ひと言でカジノと言っても、その種類は様々です。

カジノゲームの種類

  • ポーカー
  • ブラックジャック
  • ルーレット
  • スロット
  • バカラ

などなど、メジャーなものもあれば、コアな人にしかわからないような超マイナーなものまで様々です。

初めてカジノへ行くのであれば、どのゲームをやりたいのか予め決めて行くことをオススメします。

 

またカジノは大きく分けて「ディラーのいるテーブルゲーム」「無人のマシンゲーム」の2種類に分けられます!

初心者にオススメなのは、「無人のマシンゲーム」です!(僕は無人のルーレットでのんびり楽しむのが好きです。)

自分に合ったスタイルで楽しむことができますよ!

 

くれぐれもハマりすぎにはご注意を!

 

3. グルメなあなたにオススメ!「ビュッフェ」

Photo by Jay Wennington on Unsplash

Photo by Jay Wennington on Unsplash

初心者オススメ度:★★★★★

コスパ度★★★☆☆

満腹度:★★★★★

あまり知られていないかもしれませんが、ラスベガスではランチビュッフェやディナービュッフェが非常に充実しています。

 

ほとんどのビュッフェはホテル内に入っていることが多く、アクセスも抜群。

1人約3000円程度の値段で、ビュッフェを楽しめる場所が多く、コスパも良いです!

もちろん、それ以上の値段を払えばもっと良い料理を楽しめること間違いなし!

 

4. ミュージカル&舞台好き必見!「ラスベガスのショー」

Photo by William Fitzgibbon on Unsplash

Photo by William Fitzgibbon on Unsplash

初心者オススメ度:★★★★★

コスパ度:★★☆☆☆

感動度★★★★★

ミュージカルや舞台が好きな方にオススメしたいのがラスベガスで行われている「ショー」です!

 

ラスベガスのショーは大きく分けると以下の通り。

ラスベガスのショー

  • シルク・ド・ソレイユ (後述)
  • マジックショー
  • 歌手のコンサート

などなど

さすがエンターテイメントの街ラスベガス!ショーの種類も非常に充実しています。

 

特に日本でもおなじみの「シルク・ド・ソレイユ」に関しては、ラスベガスでは非常に力を入れて展開しています。

シルク・ド・ソレイユ公式サイト(英語)

ラスベガスだけでも2018年現在、7つのショーを展開しています!

ラスベガスで見られる「シルク・ド・ソレイユ」一覧

  • O
  • Mystère
  • Zumanity
  • Michael Jackson ONE
  • The Beatles LOVE
  • Criss Angel MINDFREAK® LIVE!

全世界で公開しているショーの数が22なので、約3分の1をラスベガスで行なっている計算になります。

「これぞ、ラスベガスのエンターテイメント!」と言えるようなクオリティの高いショーが充実しています!

 

初めてでも、チケットさえ買えれば

ミュージカルや舞台がお好きな方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか!

 

5. セレブ気分でお買い物!「ショッピング」

Photo by Bradley Wentzel on Unsplash

Photo by Bradley Wentzel on Unsplash

初心者オススメ度:★★★★☆

コスパ度:★★☆☆☆

セレブ度★★★★★

世界中から観光客が集まるラスベガスには、ショピングモールがたくさんあります。

 

ホテル内にあるお店には、ブランド物のショップが多かったり、ラスベガスの中心部から少し離れるとアウトレットモールがあったりとお店のジャンルも様々。

共通して言えるのは、外観や内装が非常に凝っていること。

ウインドウショッピングをしているだけでも、ゴージャスでリッチな気分になれること間違いなしです!

 

6. お酒好きは必見!「バー巡り」

Photo by David Straight on Unsplash

Photo by David Straight on Unsplash

初心者オススメ度:★★★☆☆

コスパ度★★★★☆

お酒の種類★★★★★

 

エンターテイメントの街「ラスベガス」では、もちろんお酒も楽しむことができます!

ラスバガスでお酒を飲める場所

  • バー
  • レストラン
  • カジノ
  • ナイトクラブ

などなど。

至る所でお酒を飲めるのも、ラスベガスの大きな特徴です!

 

注意点

  • 年齢チェックが厳しいので、年齢を証明できるIDの持参は忘れずに!(アメリカでの飲酒は21歳から。)
  • 比較的お酒に寛容なラスベガスですが、屋外でアルコールが飲めないケースがあります。

 

7. ベガスの夜はコレで決まり!「ナイトクラブ」

Photo by Matty Adame on Unsplash Edit by Tomoki Takahashi

Photo by Matty Adame on Unsplash
Edit by Tomoki Takahashi

初心者オススメ度:★★☆☆☆

コスパ度:★★★☆☆

パリピ度:★★★★★

日本人には、あまりなじみのない「クラブ文化」

しかし、ラスベガスでは、至る所に豪華なナイトクラブが立ち並び、世界的に有名なDJが集まる、いわば「クラブ文化」の最先端を行く都市です。

 

一般的なチケットの値段も、女性が25ドル〜35ドル、男性は40ドル〜55ドルほどと決して手の届かない金額ではありません。

ラスベガスのナイトクラブは、21歳から入場することが可能です。

アルコールの購入と同様、パスポートなど年齢を証明できるIDの持参を忘れずに!

 

また、以前にナイトクラブ初心者の方に向けてこんな記事を書きました。こちらもあわせてご覧ください!

海外のクラブは本当に危ない?安全なクラブの見極め方をご紹介

 

まとめ

この記事では、「経験者が教えるラスベガスの楽しみ方まとめ」と題してラスベガスの楽しみ方をご紹介しました!

 

ゴージャスな雰囲気あふれるエンターテイメントの街「ラスベガス」

治安も良いですし、何よりエンターテイメントが非常に充実していて、日本では味わえない経験ができること間違いなしです!

滞在時間を有効に活用して、ラスベガスの魅力を楽しんでくださいね〜!

 

それでは、また!

過去の記事はこちら!

ラスベガスに一人で行くならここに行こう!一人旅向けオススメ観光スポット集

アメリカに一人で行くならここがオススメ!一人旅向け観光都市5選

 

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。