【サクッと読めます!】海外一人旅の経験値に関する方程式!

本とノートとペン

どうも、こんにちは!高橋トモキです!

 

今回は、「海外一人旅の経験値に関する方程式」についてご紹介します。

方程式と言っても、僕自身がこれまでの海外一人旅の経験や留学経験から勝手に作ったものになります笑。

参考程度にお読みください!

 

海外一人旅の経験値に関する方程式

ひらめき

 

 海外一人旅の経験値に関する方程式

「海外一人旅の経験値」=「リサーチ力」×「吸収しようとする意欲」×「行動量」

 

海外一人旅をして経験や知識を得るためには、3つの要素を掛け合わせることが必要であると考えます。

  • リサーチ力
  • 吸収しようとする意欲
  • 行動量

それでは、これら3要素それぞれについて詳しくご紹介していきます!

 

リサーチ力

リサーチ力とは、「物事を調べる力・情報収集する力」です。

情報は、向こうからはやってきません。自分自身が調べることによって初めて正しい情報や欲しいと思っていた情報に到達することができます。

準備段階で、ある程度の知識(目的地の簡単な情報、位置関係、交通情報などなど)をリサーチすることはもちろんのこと、現地に到着してから旅程を微調整するためのリサーチも非常に重要です!

 

吸収しようとする意欲

自分から、あらゆる物事を見たり聞いたりして「吸収してやろう!」という思いが強ければ強いほど実際に得られるものは大きいです。

例えるなら、センサーの感度を上げるようなイメージです。

どんなに小さな変化も見逃さずにキャッチできるような意識を持つことで、意外な発見や本質的な経験を積むことに繋がります!

 

行動量

海外一人旅をする上では「動いたもの勝ち・行動し続けたもの勝ち」であると個人的には考えます。

行動量と言っても、「移動量」でもいいですし、「現地の人々と話した回数」でもいいでしょう。

とにかく重要なことは、「何かを行う量」を増やせば、得られる経験値も自ずと比例するということです!

 

まとめ

今回は、「海外一人旅の経験値に関する方程式」について簡単にご紹介しました!

 

3つの要素が含まれていますが、どれも海外一人旅には欠かすことのできない重要な要素です。

いかにそれぞれのバランスを取りながら質を上げていけるかが最終的な経験値に大きな影響を与えるはずです!

 

世の中の状況は常に変化し続けています。向こうからやってくることはありません。今回ご紹介した3つの要素に共通していますが、「自分から」という姿勢を理解し行動することが大切です。

 

それでは最後にもう一度、公式をおさらいしてみましょう!

 海外一人旅の経験値に関する方程式

「海外一人旅の経験値」=「リサーチ力」×「吸収しようとする意欲」×「行動量」

まずは、自分なりに考え、小さなことから実践してみてくださいね!

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。