逆カルチャーショック!帰国後に感じた日本の姿とは

Photo by Anabel F. Zamora on Unsplash

どうも、こんにちは!高橋トモキです!

この記事は、ヨーロッパ旅行からの帰国後に、筆者が日本で感じたことをご紹介しています。 

 

日本から海外に行った時に感じる違和感を「カルチャーショック」と言いますが、今回、僕が感じたのはその逆。海外から日本に帰ってきた時に感じる違和感、いわゆる「逆カルチャーショック」です。

 

ちなみに今回は、ヨーロッパから日本に帰ってきた時に感じた「逆カルチャーショック」をご紹介しています。

簡単ですが、以下に旅の概要をまとめました。

参考までに!

  • 時期・期間:2018年2月10日〜2月28日
  • 訪れた国:ドイツ、ハンガリー、ポルトガル、フランス、オランダ、ベルギーの計6カ国
  • 人数:計5人(途中で友人と別れたり、合流したりしました。)
  • 旅の目的:「大学の卒業旅行」「ヨーロッパの各国の違いを見ること」

 

それでは、ヨーロッパ旅行から帰ってきて、僕自身が感じた「逆カルチャーショック」をご紹介していきたいと思います。

ポジティブなものとネガティブなものの2種類に分けて、ご紹介していきます!

 

まずは、ポジティブな「逆カルチャーショック」から。

1、治安がいい!!!

Photo by Nathan Fertig on Unsplash

Photo by Nathan Fertig on Unsplash

日本という国は、とにかく安全。

よく「日本は治安がいい国だ!」と言われますが、まさにその通りだと思います。

帰国してからというもの、身の危険を感じることがほとんどありません。

 

ヨーロッパ周遊中は、外に出ているときは常に周りを見まわしていました。

(しかしながら、今回の旅の最中にポルトガルのリスボンで財布を盗まれました…泣。詳しくは別の記事で書きます。)

 

日本は物を盗まれる心配も、身の危険を感じることが非常に少ない安全な国だと実感している今日この頃です。

 

2、秩序がある!

Photo by Samuel Zeller on Unsplash

Photo by Samuel Zeller on Unsplash

「秩序がある!」と書きましたが、何を言いたいのかというと、社会の中で決められたルールが広く浸透しているということです。

例えば、

  • 電子やバスが時間通りにくる
  • 列があればきちんと並ぶ
  • 他の人のことを気づかい迷惑になるようなことはしない

などなど、私たちが普段から当たり前のように行なっていることの重要性に気づきました。

 

秩序があることで、不測の事態を未然に防ぎ、先を読むことができるようになります。

先に述べた「治安の良さ」も日本独自の社会的なルールが存在しているからこそ実現できているのかもしれません。

 

続きましては、個人的にネガティブな印象を受けた帰国後の「逆カルチャーショック」について。

3、人が多い

Photo by Nicole Law on PEXELS

Photo by Nicole Law on PEXELS

※写真は日本とは全く関係ありません笑。

 

今回僕が訪問したヨーロッパの国々と比べた時に、日本の都市部は非常に人口が集中していると感じました。

ヨーロッパでは、首都であったとしても、息苦しさを感じるほど人口が密集している地域は少なかったです。

 

日本に帰ってきてからというもの、息苦しさを感じることがしばしば…。

特に、日本の「満員電車」は帰国後の僕にとってはまさに地獄でした…。

限られたスペースに、非常に多くの人が密集しているあの空間…。

あぁ、想像しただけで、息苦しい…。

 

4、みんなスマホを見つめている。

Photo by William Hook on Unsplash

Photo by William Hook on Unsplash

これは、日本に帰国してすぐ実感しました。

「スマホ触ってる人多すぎじゃね!!!」

歩いている時も、電車に乗っている時も、立ち止まっている時も…。

周りを見渡せば、誰かしらスマホを触っている人を見かけます。

 

もう「犬も歩けば、スマホに当たる」そんな感じですよ!

 

「人とのコミュニケーションよりも、スマホを見つめている時間の方が長いのではないか?」

そんな疑問を感じる今日この頃です。

 

よくよく考えてみると、僕自身も1人で電車に乗っている時などは、もっぱらスマホをいじっています…汗。

他人事では無いですね…汗。

 

まとめ

今回の記事では、ヨーロッパ旅行からの帰国後に筆者が日本で感じたことをご紹介しました。

一定期間、海外に行ってから日本に帰ってくると、それまでとは違った角度から物事を捉えることができます。

普段から当たり前に行なっていることでも、一歩引いて見てみると異様な光景として目に映ることを実感しました。

日本を客観的に見たいのであれば、海外旅行は大変オススメですよ!

 

ファーストアクション

  • 一定期間、日本国外にいると「逆カルチャーショック」を体験できる。
  • 自分にとっての当たり前を疑ってみる。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。