タイ北部の都市チェンマイってどんなところ?チェンマイ旅行の感想まとめ

Photo and edit by Tomoki Takahashi

どうも、こんにちは!高橋トモキ@tomotakafa)です!

 

タイ旅行と言ったら、「バンコク」「プーケット」が有名ですよね!

しかし、タイには他にも魅力的な観光都市がたくさんあるんです!

 

そのひとつが今回ご紹介する「チェンマイ」です。

 

この記事では、2018年9月時点のチェンマイで、筆者が感じたことをまとめています。 
注意
2018年9月時点の感想です。

これから旅行に行かれる際には、必ず最新情報のチェックをお願いします。

 

旅の概要

旅の概要

Photo by Dariusz Sankowski on Unsplash

簡単ですが、以下に旅の概要をまとめました。

参考までに!

  • 時期:2018年9月
  • 期間:1泊2日
  • 旅行先:チェンマイ
  • 人数:1人
  • 旅のルート:バンコク→チェンマイ→バンコク
  • 利用した航空会社:タイライオンエア

 

それでは、早速チェンマイ旅行の感想をご紹介していきたいと思います!

チェンマイへの旅行を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

チェンマイ旅行の感想まとめ

1. 街がコンパクトで観光しやすい!

タイ北部の都市「チェンマイ」

 

バンコクから飛行機で約1時間30分ほどで行くことができます。

(日本でいうと、東京ー大阪を飛行機で旅行するような感覚です。)

 

▼チェンマイの地図はこんな感じです▼

 

地図を見ていただければすぐに分かると思うのですが、チェンマイの中心部は、1辺約1.5kmほどの正方形の城壁で囲われています。

チェンマイの主要な観光名所は、ほぼこの正方形の城壁の中か、城壁の周り2〜3kmくらいのエリアに固まっています。

 

2. お寺が多い!

チェンマイを訪れて非常に驚いたのは、寺院の多さ!

僕は現在バンコクで暮らしているのですが、バンコクとは比べ物にならないくらい寺院の数が多いです。

また、多くの寺院が観光名所となっているため、手入れが行きとどいていて見ていて美しいと感じる寺院ばかりでした。

 

それでは、実際に訪れたお寺をいくつかご紹介していきたいと思います。

 

ワット・チェディ・ルアン

ワット・チェディ・ルアンの見所はなんといってもこちらの遺跡!

「ワット・チェディ・ルアン」は、正方形で囲まれた城壁のちょうど中心部に位置する寺院です。

 

大地震で崩壊した仏塔の遺跡が見所です。

別の角度から見るとこんな感じ。

 

中には金色の仏像が!迫力ある光景です。

 

本堂は入り口から入ってすぐにあります。

 

お堂の中は荘厳な雰囲気であふれていました。

 

チェンマイのちょうど中心部にあるので、観光も非常にしやすいです。

チェンマイ旅行には外せないマストスポットになること間違いなしの寺院です!

 

▼ワット・チェディ・ルアンの場所はこちら▼

 

ワット・プラシン

歴史を感じさせるお堂と金色に輝く仏塔

正方形の城壁で囲まれたチェンマイ旧市街の西側に位置する「ワット・プラシン」

金色に輝く仏塔は間近で見ると迫力満点です。

 

外装の装飾が非常に細かいです。

こちらも城壁の内側にある寺院なので、先ほどご紹介した「ワット・チェディ・ルアン」とセットで訪れることをオススメします!

 

▼ワット・プラシンの場所はこちら▼

 

ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ・ラチャ・ウェラウィハーン

名前がめっちゃ長いですが、「ワット・ドイ・ステープ」といえば現地の人たちには伝わります。

 

こちらの寺院は、標高1000m以上の山の上にある寺院なので、訪れる際にはソンテウと呼ばれる乗り合いのタクシーを利用していきました。

 

行き方は、「【結論】タイ一択。」さんのこちらの記事が非常に参考になります!

ドイステープ寺院へのソンテウを使った行き方。一緒に回るべき観光地「モン族の村」「プーピン宮殿」

 

ソンテウに小一時間ゆられ、入り口に到着してから待ち受けているのがこちらの階段…。

目的地まで行くのにけっこう体力が必要です(汗)。

このような感じで階段を登っていきます。

 

階段を上り終えると本堂が!

本堂には世界中からの観光客であふれています。

 

靴を脱いで中にはいると、金ピカに輝く仏塔がお出迎え。

山の上にあることもあり、非常に神秘的な光景でした。

 

山の上からチェンマイの街並みを眺めることのできますよ。

 

仏塔のある目的地まで行くのが少し大変ですが、山の上から眺めるチェンマイの街並みは最高です!

観光客に大変人気の場所なので、時間に余裕のある方は訪れてみてください。

 

▼ワット・ドイ・ステープの場所はこちら▼

 

3. オシャレなカフェが多い!

チェンマイにあるのはお寺だけではありません!

実は、チェンマイにはオシャレなカフェが非常にたくさんあります。

 

それでは、文章で説明するより実際に見ていただいた方が早い!ということで、写真付きでご紹介していきますね!

インスタ映えするオシャレな店内

外観もシンプルで洗練されている印象

コーヒーとケーキも美味しかったです!

 

▼写真の「Ploy Studio Cafe」の場所はこちら▼

 

他には…

こちらは、ふらっと立ち寄った「Artisan Cafe’」

内装が凝りすぎてビビるレベル…(汗)。

そこらへんのカフェとは比べ物にならないくらい力を入れています。

 

▼「Artisan Cafe’」の場所はこちら▼

 

まだまだ、あります!

チェンマイは、マンゴーを食べられるカフェやレストランが多いらしくこんなカフェを見かける機会が多かったです。

木からマンゴーが! チェンマイのカフェは外観にも力を入れている様子

 

「ワット・チェディ・ルアン」の正面にあったカフェ。こちらも木からマンゴーがなっています(もちろんレプリカ)。

 

あの有名店「Mango Tango」もやはりオシャレでした!

 

カフェ目当てでチェンマイに訪れるのも、全然アリだと感じるくらい洗練されたカフェが多かったです!

インスタ映えスポットに興味のある方は、絶対にテンションが上がるはずですよ。

 

チェンマイ旅行の注意点

チェンマイを実際に訪れて感じた注意点がいくつかありましたので、以下でまとめてみました。

 

注意点①日中は非常に暑いので熱中症対策を!

チェンマイは周囲を山に囲まれた地形のためか、日中は非常に暑くなります。

また、日差しも強く日焼け止めやサングラスがあれば利用することをオススメします。

 

こまめに水分をとったり、涼しいところで休憩したり、熱中症にならないための工夫が必要です。

 

余談になりますが、実際に僕自身タイで熱中症になりました。

「自分はならないだろう」と思っていても、油断は禁物です。

 

▼詳しくはこちらの記事をチェック!▼

Photo by rawpixel on Unsplash Edit by Tomoki Takahashi

タイで熱中症・脱水症になった経験者が語る実際に起こった症状と対策

2018年8月20日

タイで熱中症・脱水症になった経験者が語る実際に起こった症状と対策

 

注意点②お寺を訪れる時は服装に注意!

お寺の多いチェンマイだからこそ、気をつけたい注意事項。

露出度の高い服装や寺院内での不適切な行動などの注意事項は、各寺院の入り口でわかりやすく掲示されています。

 

特に、気をつけたいのは服装で、露出度の高い服装では寺院の中に入れてもらえません。

 

無難なのは長ズボンを履いていくこと。

もしくは現地で1本タイパンツを買って、寺院にいくときに履けるようにしておくと問題なく寺院巡りを楽しむことができるかと思います。

 

 

まとめ

今回の記事では、タイ北部の都市「チェンマイ」を訪れて、個人的に感じたことをまとめてみました。

 

「寺院巡り」や「カフェ巡り」をするには、チェンマイはもってこいの観光都市だと思います。

バンコクのように人であふれかえっているわけではないので、落ち着いた雰囲気を楽しみたい人には大変オススメです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。