【写真付きで簡単解説!】見どころはココだ!バンコクのおすすめ観光スポットまとめ


この記事ではタイの首都「バンコク」のおすすめ観光スポットを写真付きでご紹介しています! 

 

急成長をとげている非常に勢いのある観光都市であり、日本人に大変人気の海外旅行先として知られている『バンコク』

皆さんはどんなイメージをもっていますか?

 

  • 仏教寺院が多い?
  • 高層ビルが立ち並ぶ近未来都市?
  • 文化の交わるカオスな観光地?

人それぞれに色々なイメージがありますよね。

 

今回は、そんな魅力あふれるバンコクを写真付きで紹介していきたいと思います!

 

注意

※現地の最新情報につきましては、旅の直前にチェックすることをオススメします!

 

バンコクのおすすめ観光スポットまとめ

ワット・アルン

チャオプラヤー川を渡るための船の上から撮影した「ワット・アルン」

 

通称「暁の寺」と呼ばれ、夜景が幻想的なんです(筆者は夜景を見そびれました…汗)。

 

緑もあって、落ち着いた雰囲気です。

 

僕が訪れた2017年5月は、タイの国王であったプミポン国王が亡くなられたことを受けての服喪期間でした。そのため、ワット・アルンにも、追悼のための設備が設けられていました。

 

絶賛工事中の「ワット・アルン」

改修中の様子を見ることができて、ある意味運が良かったです。

 

ワット・ポー

ワット・ポーの名物「涅槃(ねはん)仏」

遠近感がよくわからないくらいとにかく大きいんです。

 

別の角度から見ても…デカい…。

 

やっぱ、デ、デカい…。

かなりの圧力がありました…(汗)。

 

ちなみにワット・ポーの外観はこんな感じ。

 

ワット・ポー敷地内の仏塔。

模様と色調が統一されていて、なんだか幻想的です。

 

ジム・トンプソンの家

オシャレな門が目印です!

 

アジアンな建物と温暖な地域らしい植物が生えています。

そのおかげもあって、敷地内は街中と比べて涼しく感じましたよ〜。

 

都会の喧騒はどこへやら。緑に囲まれていて非常に落ち着くことができます。

 

この家の持ち主であったジム・トンプソンはシルク事業で成功を収めたそう。

 

カイコの繭からシルクを作る様子を見ることができます。

 

個人的に大変おすすめな観光スポットです!

ひと味違ったバンコクの雰囲気を味わえますよ〜。

 

 

サイアム・パラゴン

タイの若者や観光客でにぎわう巨大ショッピングモール「サイアム・パラゴン」

暑さ厳しいバンコクの憩いの場のようでした。

街歩きに疲れたら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

 

チャイナタウン

ロサンゼルス、サンフランシスコなどアメリカの各都市のチャイナタウンを訪れたことはありましたが、バンコクのチャイナタウンもかなりの活気がありました!(というかカオスでした笑)

チャイナタウンらしい中国語で書かれた看板の数々。

 

バイク、建物、看板…。限られたスペースにひしめいています!これぞ、バンコクのチャイナタウン。

 

謎のフルーツと現地の人々。こんな雰囲気嫌いじゃないです。はい。

 

「GRAND CHINA」というホテルもありました。(※ここはタイのバンコクです。)

 

もう、なんかいい感じですよね。ノスタルジックな雰囲気出まくりです。

以上、バンコクのチャイナタウンでした。

 

参考サイト

タイの情報が盛りだくさんです。初めてタイについて調べる方にオススメしたい非常にわかりやすいサイトです!

 

まとめ

カオスな雰囲気に包まれながらも、現在、急速に発展中の「バンコク」いかがだったでしょうか?

 

ちなみにタイは「微笑みの国」とも呼ばれていて、現地のタイの人々の笑顔が印象的でした。

物価も安く、エキゾチックな雰囲気を感じられるタイの首都「バンコク」

ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか!

それでは、また!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの24歳。ポジティブ人間。口ぐせは「なんとかなるっしょ。」大学を1年間休学して、アメリカのロサンゼルスに留学してました。海外旅行ブログ「ファーストアクション 」を通じて個人が自信を持ち、新たな行動のきっかけを提供することが目標。暇があったら海外に行くことを考えています。